• 2005-03-26

    [翻译]記憶の森に捧ぐ

    Tag:[玄慕]

    版权声明:转载时请以超链接形式标明文章原始出处和作者信息及本声明
    http://www.blogbus.com/aikaishu-logs/3640749.html

    [2005-03-26]記憶の森に捧ぐ

    《遥远时空中~八叶抄~》第七话《鵺の鳴く夜》插入歌
    演唱:源赖久(三木真一郎)

    静寂の歌の音か
    お前の影か
    残像は風のごとく
    咲かれた胸をふきぬれた

    寂しさの捨て場所など
    お前にはどこにもなかった
    遥かなる時空を一人
    生き抜いた強さ

    誰よりも誇り高き
    我がこの身ささる
    ひたすらにお前だけを
    目指した日々を

    運命のいたずらか
    宿命なのか
    素質は空のごとく
    当てなく青い傷跡よ

    悲しみの捨て場所など
    私にはどこにもないんだ
    導かれここまで来た
    やさしさが痛い

    誰よりも誇り高き
    我がこの身誓う
    あの人を守りぬこう
    命をかけて

    お前より強くなると
    追いかけた背中
    あの人のためなのだと
    いない身を知る

    誰よりも誇り高き
    我がこの身願う
    追憶の森の中を
    次の住み民

    中文——

    告白在追忆之森

    静寂的歌声
    抑或是你的碎影
    残像如风
    飘落我敞开的心扉

    你从来
    无处丢弃寂寞
    独存在那遥远时空
    你如此坚强

    你比任何人都骄傲 和高尚
    我以我身铭记
    那些追逐着你
    走来的日子

    命运的捉弄
    抑或是 宿命
    清透如同天空
    无尽的苍色伤痕

    我已经无处
    丢弃悲伤
    你引领我至此
    温柔的伤痛

    你比任何人都骄傲 和高尚
    我以我身起誓
    我会保护那个人
    用尽此生

    如果能变得比你还坚强
    追逐着的那个背影
    为了那个人
    我知道 失去的身影

    你比任何人都骄傲 和高尚
    我以我身祈求
    这追忆之森里
    之后的神魂
    分享到: